京都・福知山の手作り結婚指輪 工房南十字星で兵庫県たつの市の大西尚麿さん、雅美さんが手作りされた結婚指輪のご紹介です。

お二人の結婚指輪は、女性用が表面がひし形と三角形にカットされたデザインでプラチナ、男性用は槌目のゴールドのリングです。

この女性用のデザインは、それぞれの面の形を揃えるのがなかなか難しいデザインでしたが、尚麿さんは削りすぎても簡単に修正できるというワックスの特徴を生かしつつ、諦めずにガンバって作られました。

完成した指輪もたつの市から受け取りにお越し下さり、ケースを開けて現れた光る指輪を見て、とても感激して頂けました。

来られる道中も、「あの指輪がどうなったかなぁ」と、話しながら来られたそうで、ご自分達で作られたからこその感激を味わって頂けたご様子でした。

指輪をはめられて、結婚の実感が湧いてきた、と仰っていました。

ご帰宅後にお喜びのメールも頂きました。

”本日はありがとうございました。
素敵な指輪に仕上がっており、二人とも感動でした(≧∇≦)
たくさんの写真、動画もありがとうございました。これからの結婚パーティーで使わせていただきたいと思います。”

結婚式の準備にもう一頑張りしてくださいね!

代表プロフィール

春日井 利光
春日井 利光
むちゃくちゃ忙しい宝飾店の工房で10年の修行の後、独立。
ある二組のご夫婦との出会いをキッカケに、二人で作るマリッジリング(結婚指輪)のプログラムを始める。 お二人の大切な思い出と共に残る結婚指輪の手作りを全面的にサポートしています。
工房南十字星へのご相談はこちらから
%e6%98%a5%e6%97%a5%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93
minami_pagecontact_05
minami_pagecontact_03
minami_pagecontact_04